オフィスでできる乾燥対策とは?小まめな保湿で肌の潤いをキープ

オフィスでできる乾燥対策とは?小まめな保湿で肌の潤いをキープ

寒い季節になると、特に乾燥肌に悩まされる人が多いのではないでしょうか。乾燥の原因は、オフィスの空調にあるかもしれません。働く人にとっては、一日のうちのほとんどを過ごす場所になるので、しっかりと乾燥対策をしたほうが良いでしょう。乾燥肌を放っておくと、皮膚の赤みやシワなどの原因にもなるおそれがあります。

そこで今回は、オフィスが乾燥しやすい原因と、効果的な対策方法をご紹介します。

オフィスが乾燥しやすい原因とは?

オフィスの乾燥がひどい原因は、主に設備によるものです。まずは原因について見ていきましょう。

 

  • エアコンが効いている

室内の温度を快適に保つために使うエアコンは、空気を乾燥させます。エアコンが効いていると乾燥を感じる理由としては、空気中の水分が少ないことと、風が直接当たることがまず挙げられます。

一般家庭用のエアコンは、温度調節のほかに湿度もコントロールできるタイプがあります。しかし、オフィス向けの業務用エアコンは温度調節のみのタイプが主流で、基本的に湿度は調節できません。通常、温度が高いほど空気中に蓄えられる水分量は多くなりますが、温度調節しかできない場合は湿度が下がっていきます。温度調節のみのエアコンは空気中の水分を増やせないからです。そのため、温度だけが上昇し、乾燥状態になります。

また、湿度が下がるだけでなく、エアコンの温風が顔などに直接当たり、乾燥を感じる場合もあります。

 

また、一般的にオフィスビルは密閉性が高いので、湿度の変化が起こりにくく、より乾燥しやすくなっています。

 

  • 換気していない

エアコンの使用中は、効率を上げるために室内のドアや窓を閉め切ることがほとんどです。外の空気との入れ換えがないので、湿度が下がり、乾燥していきます。

 

  • 水分がそばにない

オフィスは家庭に比べて水分がそばにない環境です。家庭にはキッチンや浴室などがありますが、オフィスは給湯室などがあっても、作業スペースからは離れている場合がほとんどでしょう。こうした環境もあって、オフィスは乾燥しやすくなっています。

 

オフィスでできる乾燥対策

乾燥すると、目や喉が痛くなったり、肌がかさついたりします。オフィス内全体と自分自身で行える対策で、乾燥を防ぎましょう。

 

  • オフィス内の乾燥対策

・加湿器を設置

乾燥に即効性があるのは、オフィス用の加湿器を設置する方法です。導入が難しい場合は、自分のデスクに小さな個人用加湿器を置いてみましょう。USBケーブルをパソコンに挿して使い、水分をミスト状にするものや、電気を使用しない自然気化式の加湿器などがあり、デスク周りの環境に合わせて選べます。

 

・お湯を入れたカップをデスクに置く

デスクにお湯入りのカップを置くだけでも、加湿効果が期待できます。湯気によって空気中に水分を放出するため、加湿器を置きにくい環境でも手軽に使える技です。

 

・観葉植物を置く

オフィスに観葉植物を置くと、天然の加湿器の役割を果たしてくれます。葉から水分が蒸散されるので、湿度が上がります。

疲れたときに植物を見ると癒されたり、無機質になりがちな職場の雰囲気が和らいだりといった効果も期待できますので、ぜひオフィス内の数カ所に置いてみましょう。

 

  • 自分自身でできる乾燥対策

・手

手は乾燥するとかさつき、酷くなると指先がひび割れることもあります。防ぐためにも、ハンドクリームを小まめに塗って潤いを保ちましょう。特に、手を洗った後は水分が失われがちなので、ハンドクリームを使う習慣をつけてください。

 

・顔

顔が乾燥すると、ほうれい線やシワが目立ったり、化粧が崩れたりする原因になります。

洗顔後は、角質層に潤いを与えるセラミドなどが配合された化粧水でスキンケアを行いましょう。また、メイク時に便利なあぶら取り紙は、乾燥しているときは使用を控えてください。必要な油分まで取り去り、乾燥を悪化させるおそれがあるからです。

保湿でぜひ使いたいのが乳液です。洗顔後はもちろん、メイク直しの際も乳液でたっぷりと潤いを与えましょう。直したい部分に乳液を塗ると適度に余分なメイクが落ち、潤いもプラスできてメイク直しがしやすくなります。目元や口元など、乾燥しやすい部分は特にしっかりと塗りましょう。

 

・目

目の乾燥を防ぐ一番の対策は、目薬をさすことです。違和感があったら、予防も含めて早めに目薬を使いましょう。

ドライアイの人は、防腐剤が最低限使われた涙に近い成分の目薬がおすすめです。涙の量や質が不安定であることがドライアイの一因なので、目薬で補給すると悪化防止を期待できます。防腐剤入りの目薬は、人によってはアレルギー反応などのトラブルを起こす場合があるため、成分を確認して医師や薬剤師に相談の上、使用すると安心です。

また、目薬は使用期限を守ってさしましょう。

 

・喉

喉の乾燥を防ぐのに効果的なのは、マスクの着用です。自分の息に含まれる水分がマスク内にとどまるため、保湿につながります。また、のど飴をなめるのも乾燥対策になるでしょう。

 

・全身

水を飲むなど小まめな水分補給は、肌だけでなく全身にとっても必要です。冷たい飲み物は血行を悪くしがちなので、できれば常温か温かい飲み物のほうがおすすめです。健康・美容のために、果汁や野菜100%のドリンクなどでビタミンをとるのも良いでしょう。喉が渇く前に飲んでおくと、体内の水分量を維持できます。ただし、飲みすぎると体内に行きわたる前に尿として排泄されてしまうため、注意しましょう。

 

保湿する際の注意ポイント

保湿を心掛けて小まめに水分補給をしていても、間違った方法で行っていると、逆効果になるかもしれません。そこで、保湿時に気をつけたいポイントをまとめました。

 

  • 化粧水だけで済ませない

肌に潤いを与えるために化粧水をたっぷりつけて、それだけで安心している人はいませんか。肌につけた化粧水は時間が経つと蒸発します。このとき、もともと肌に含まれている水分も一緒に蒸発させてしまうのです。

化粧水の蒸発を防ぐために、必ず乳液やクリームなどをプラスして保湿をしましょう。目元や口元などの気になる箇所には、美容液などで集中ケアをすると、より効果的です。

 

  • カフェインをとりすぎない

コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲料には利尿作用があり、体内の水分を外に排出する効果があります。たくさん飲んで水分をとったつもりでも、体内の水分が失われて、かえって乾燥につながるかもしれません。エナジードリンクもカフェインの含有量が多い製品があるため、注意してください。

 

  • 夏場も注意して肌をケアする

乾燥が特に気になる秋冬だけではなく、夏場もケアを行いましょう。

夏場は室外で汗をかくので、肌が潤っているように感じるかもしれません。しかし、肌の深層部まで潤っているわけではないため、注意が必要です。汗が乾くと同時に、肌の水分も蒸発します。夏もしっかりと保湿ケアを行いましょう。

 

アイテムを上手に活用して快適なオフィスに

乾燥は、多くの肌トラブルを招くおそれがあります。秋冬はもちろん、汗をかく夏も含めて、一年中保湿ケアや水分補給を行うのが理想的です。

乾燥対策は難しいものではなく、便利なアイテムやちょっとした工夫で気軽に行えます。例えば肌に関しては、化粧水・乳液・美容液などの役割を一つで果たすオールインワンジェルもおすすめです。保湿・美容成分が入っているため、簡単にお手入れができます。ほかにも、小さなサイズの観葉植物やお湯入りのコップなど、身近なアイテムで上手に保湿をすれば、乾燥する季節も快適に過ごせるでしょう。

乾燥しがちなオフィスが快適になるよう、ぜひ工夫してみてください。