スマートフォンで顔がたるむ!?スマホ顔がもたらすシワ・たるみの解消方法

スマートフォンで顔がたるむ!?スマホ顔がもたらすシワ・たるみの解消方法

この記事の監修者
トータルケアサロン La-mahina 代表
柴田桂 先生

歳をとるにつれ気になりはじめるシワとたるみ。毎日のお手入れはしっかりしているのに、一向に改善しない人はスマートフォンが原因かもしれません。毎日触れるスマートフォンだからこそ、正しい使い方をしらないと、どんどんスマホ顔に近づいてしまいます。

この記事ではスマホ顔の特徴と予防法をご紹介します。

スマホ顔とは?

気が付くといつもいじっているスマートフォン。確実にガラケーのときよりも画面をみる時間が長くなりました。それが要因で生じる弊害がスマホ顔です。

  • スマホ顔の特徴

スマホ顔の大きな特徴は、スマートフォンの使用によって顔にたるみができることです。スマートフォンを見るときはどうしても顔より下の位置で持つため、自然と顔も下を向いてしまいます。それにより頬や顎に下への重力が加わり、皮膚が垂れ下がり、たるみの原因に繋がります。

  • 別名:スマホブス

スマホブスとはスマホ顔から派生して生まれた言葉で、スマートフォンを使っているときの自分の顔が、他の人から見たときブサイクに見えることをいいます。試しにいつもスマートフォンを使っている手の位置でインカメラを起動し自分の顔を見てみてください。びっくりするかもしれませんが、それが他人から見られているあなたの“スマホブス顔”なのです!

 

では、なぜ自撮りをするときはキレイに写るのに、スマートフォンをいじっているときはスマホブスになるのか?それは表情筋を使わないからです。スマートフォンを見つめているときは、通常よりも瞬きの回数が少なく、無表情=表情筋を動かしていないということです。表情筋は笑ったり、喋ったりするときに自然と使われ、日々鍛えられますが、スマートフォンの使用時間が多くなると表情筋を使う時間が減ってしまうため、筋肉が衰え、シワができる要因となってしまいます。

さらにスマホ顔と同様、下へと引っ張る重力が加わってきますので、口の周りが下へ垂れ下がり、よりいっそうスマホブスへと近づいてしまう可能性があります。

スマートフォンをいじる姿勢が長時間続くと、たるみができるので注意が必要です。

 

スマホ顔の原因

なぜ昔はスマホ顔なんて言葉すらなかったのに、最近ではよく使われるようになったのでしょうか?考えられる原因をみてみましょう。

  • スマートフォンに触れる時間が増加

原因のひとつに1日をしめるスマートフォンの利用時間が昔と比べ多くなったことがあげられます。快適に利用できるネット環境が整備されたため、通勤中、通学中の電車の中はもちろんのこと、隙間時間を見つけては、ついついスマートフォンを触ってしまうこともあるのではないでしょうか。

  • スマートフォン使用時の姿勢も危ない

スマートフォンを使っているときは画面に視線を落として使用するため、どうしても猫背になってしまいます。猫背とは一般的に背中が猫のように丸まった姿勢だと思われていますが、実は背中が丸まる+あごが前に出ることを指します。あごが前に出ると、下の方向に力が加わり、頬が引っ張られ、たるみの原因になります。また、スマートフォン使用時の姿勢は頭の重みが顔にかかりますので、これもたるみの原因となりかねません。

 

 

あなたは大丈夫?スマホ顔になる人の特徴

知らず知らずのうちにしてなってしまうスマホ顔。この記事を読んでいるときだってスマホ顔になっているかも。スマホ顔になる人の特徴をあげますのでセルフチェックしてみてください。

  • スマートフォンに触る時間が長い

1日の半分以上スマートフォンを見ていませんか?スマートフォンの使用時間が長いと、たるみの要因が蓄積されてしまいます。

  • スマートフォンの画面と顔の距離が近い

顔が下を向きすぎている可能性があります。頭の重力が顔にのしかかっている可能性が大いに考えられます。

  • スマートフォンを操作している時に、無意識に眉を寄せたりしている

自分のスマホ顔を知らない人はチェックしてみてください。長時間続けると眉間のシワができる要因になります。

  • スマートフォン操作の時に目が疲れる

たるむのは口周りだけじゃありません。目が疲れるほどスマートフォンを使用すると、目元のたるみにも繋がります。また、スマートフォンが発するブルーライトが眼精疲労やドライアイを引き起こしていることもあります。

 

 

読書でもスマホ顔になってしまう!?

スマホ顔に近づく原因は他にもあります。特に読書時はスマートフォン使用時と同様、シワやたるみの原因となる危険があるので注意が必要です。

  • 読書の時の姿勢も顔がたるむ原因に

読書のときの姿勢は目線を落として読むため、顔を下の方向へと向けてしまいます。それにより、スマホ顔と同じ仕組みで頬やあごの皮膚が下に引っ張られ、ほうれい線やたるみの原因になります。

また、休みなく本を読み続けていると、目を長時間酷使してしまうので、目元周りの血行が悪くなり、必要な栄養や酸素が行き渡りません。血行不良になると目元のシワやたるみの原因となりかねませんので、スマートフォンの使用時だけではなく、読書の際にも姿勢に注意が必要です。

 

スマホ顔の解消法

スマートフォンの利用を控えることが一番効果的であるのは分かっているけれど、今すぐにやめるのはなかなか難しいものです。そんな人こそ実践してほしいスマホ顔に効くマッサージとストレッチを5つ紹介します。

  • 頬・あごのマッサージ

・効果

たるんだ頬、顎の皮膚を引き上げる効果があります。

・手順

手をグーにして、第二関節部分を頬骨のラインに沿って下から上へと頬の奥の筋肉をほぐすようにグリグリマッサージします。これを5回行ってください。次にこめかみから首に向かって滞留した血液をリンパに押し流します。こちらも5回行ってください。固まった筋肉が柔らかくなり、たるみ解消に繋がります。以上2つを1日3セット行ってください。

  • 目元のマッサージ

・効果

スマートフォンの見すぎで血行不良になった目元の血液の流れをよくします。

・手順

目元の皮膚はデリケートですので力の入れすぎには注意してください。人差し指と中指の腹を使い、目頭から目尻にかけて、涙袋と骨の間の窪みを押しながらマッサージします。次に眉毛の人差し指と親指でつまむようにし、目元から目尻にかけてマッサージします。最後にこめかみをほぐすように、手をグーにしてグリグリ筋肉をほぐします。これを1日3セット行ってください。

  • 口輪筋のストレッチ

・効果

使わないで固まったお口周りの筋肉をほぐし、シワやたるみを予防します。

・手順

口の裏側から舌で裏唇を押すように、ぐるぐるゆっくりと回します。1日5回3セット行ってください。ストレッチの際に少々舌が歯に当たってしまいますので、やりすぎには注意してください。舌を傷めてしまう可能性があります。口輪筋のストレッチは場所を選ばずできるので、隙間時間に是非行ってみてください。

  • 顔全体のストレッチ

・効果

固まった表情筋をほぐし、フェイスラインが細くなります。

・手順

片方の手でこめかみをしっかり押さえ、首を横に引っ張ります。次に倒した首と同じ方向に舌を突き出します。そのときに「エー」と声を出すと効果大です。恥ずかしい見た目になりますが即効性があるので、思い切って行いましょう。左右交互に3回するだけでフェイスラインがシュッとします。

  • 顔全体のリンパマッサージ

・効果

顔に溜まった老廃物を流し、むくみをとります。たるみ予防にも繋がります。

・手順

お風呂上がりのお肌のお手入れ時に合わせて行ってください。美容液などで肌のすべりをよくし、耳の下のくぼんだ部分(耳下腺リンパ節)をほぐしてからリンパに沿ってマッサージをします。まずは頬の奥の筋肉をほぐします。次に手のひら全体でこめかみに向かって引き上げ、頬に溜まった老廃物を耳下腺リンパ節に押し流します。最後に耳下腺リンパ節から鎖骨に向かって老廃物を押し流してください。老廃物が流れていくと痛みが少なくなってきますので、繰り返し行ってください。

 

スマホ顔を予防するには?

普段の姿勢を少し意識するだけでスマホ顔は予防できます。今すぐ実践できるので、是非試してみてください。

  • スマートフォンを操作する時の姿勢

スマホ顔になる一番の原因は、スマートフォンを顔より下に持つことで重力が皮膚を引っ張ってしまうことです。予防するためには顔と同じ高さに持ち、スマートフォンを目線と水平な位置になるよう心がけましょう。また、あまり目と近すぎると目元も疲れてしまうので、画面を覗き込まないよう適度な距離をとりましょう。

  • 普段の姿勢も意識する

身体の中心(みぞおちの少し下)に力をいれ、ピンと張った姿勢を意識しましょう。背筋を伸ばすというと、頑張りすぎて逆に腰がそり「腰猫背」になってしまう人もいます。普段姿勢が悪い人は背筋よりも腹筋に力を入れることを意識してみてください。

 

スマートフォンとの付き合い方

スマートフォンがシワやたるみの原因になるからといって、「脱スマートフォン」ができる人は少ないでしょう。仕事やコミュニケーションツールとしてなくてはならないスマートフォン。スマートフォンを使う時間に比例してスマホ顔に近づく人も増える危険がありますが、持つ姿勢や毎日のマッサージ、ストレッチなどによって予防も可能です。どれも今すぐ実践できるものですので、ご自身の生活に取り入れてみませんか?


この記事の監修者
トータルケアサロン La-mahina 代表
柴田桂 先生