朝の1分マッサージでむくみスッキリ、イキイキ顔に!

朝の1分マッサージでむくみスッキリ、イキイキ顔に!

2018年4月25日

この記事の監修者
薬剤師・アロマセラピスト
三矢朝美 先生

朝起きたら、目元が腫れぼったく顔がむくんでパンパンだったり、肌がくすんで疲れているように見えたりすること、ありませんか。何とか隠そうと頑張ってメイクをしても、化粧ノリが悪く、朝出かけるのが嫌になってしまうことも…。そんなときにおすすめなのが、朝の1分マッサージ。むくみが取れて、目元はパッチリ、輪郭はシャープに。血行が良くなり、肌もイキイキします。朝の顔に自信を持って一日のスタートを切りましょう!

朝のむくみ・くすみ、5つの原因

①塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎると、身体は高くなった塩分濃度を薄めようと、水分を溜めこんで濃度を一定に保とうとします。身体のなかの水分が不足していると、喉が渇いたというサインを身体が出すため、水をガブガブと飲み過ぎてしまいます。余分な水分が溜まることで、むくんでしまうのです。塩分は摂ったけれど、水は飲んでいないのにむくんだ、という場合は、体内にある水分を逃さないように、身体が水分を溜めこんだためだと考えられています。

朝、顔がむくんでパンパン、という前日、飲み会後に締めのラーメン、していませんか。麺類は塩分が高い食べ物の代表格。なかでもラーメンは、汁まで飲み切ると、1日の塩分摂取量の目安(女性は7g未満)を軽く超えてしまうことも。夜は水分を排出する代謝機能が鈍っているので、夕飯後や寝る前に、塩分が高いものを摂取するのは控えましょう。

 

②糖質の摂り過ぎ

実は糖分も、摂り過ぎると塩分と同じように水分を溜めこみ、 むくみを引き起こします。ストレスでつい、甘いものに手が伸びてしまう方や、「食後のデザートは別腹」という甘党の方、ジュースや甘いカクテルを好む方は、要注意です。また、糖質は砂糖だけでなく、炭水化物にも多く含まれますので、お菓子などの糖質と併せて調整が必要です。

炭水化物の1日の摂取量の目安は、1食につきご飯1膳程度です。ですから、毎食ご飯1膳しっかり食べている場合は、お菓子やデザートなどを摂ると、糖質を過剰に摂取したことになり、むくみやすくなるのです。1日3食炭水化物を摂るならば、お菓子やジュースなどの甘いものは控えて、肉や魚、卵などのたんぱく質を増やすようにしましょう。

③アルコールの飲み過ぎ

アルコールには利尿作用があるため、飲むとトイレが近くなります。トイレで排出されて身体から水分がなくなると喉が渇くため、また水分を摂取してしまい、身体が水分を溜めこみ、むくみやすくなります。また、お酒のおつまみは、お酒が進むよう、塩分の高いものが多いので、塩分の過剰摂取も同時に起こってしまいます。

 

④血行不良

むくみは行不良が原因でも起こります。デスクワーク中心の仕事や、パソコンやスマホを長時間見ている方は、常に同じ姿勢でいますので、血の巡りが悪くなります。そういう方は、運動不足にも陥りがちですので、身体が冷えて、代謝機能が低下してしまいます。その結果、むくみやすい体質になります。日中の血行不良で夜の代謝機能はますます低下してしまい、朝にむくみとなって現れます。

また、現代人はパソコンやスマホを長時間見ているため、無表情になりがちです。すると、表情筋と呼ばれる顔の筋肉が凝り固まってしまい、老廃物が溜まりやすくなります。それが、肌のくすみや顔のむくみ、たるみや二重顎などの原因に。肌の奥にある毛細血管を通る血液の色が反映されることによって、肌はイキイキとして見えるのですが、血行不良が起こっていると、顔色が悪く、くすんで見えてしまいます。

 

⑤ホルモンバランスの影響

生理前になると、顔や身体がむくみやすく、ダイエットをしてもなかなか痩せない、と感じる方も多いのではないでしょうか。生理前は妊娠に備える時期であり、女性ホルモン・プロゲステロンの働きで、体内に水分や脂肪を貯め込みやすくなります。普段むくみにくい方でも、むくみを感じる時期です。また、肌荒れしてメイクのノリが悪くなったり、ニキビが出来たり、くすんだり、肌の調子も不安定に。

 

朝の1分マッサージ法

日々のむくみやくすみを放っておくと、たるみや二重顎など、「顔太り」の原因に。そこでおすすめなのが、リンパに沿って顔の余分な水分や老廃物を押し流すマッサージ。たった1分でむくみが改善し、目元がパッチリ、輪郭もすっきりシャープに。血行が良くなり、くすみが消え、透明感がアップします。毎日のメイク前の習慣としてぜひ取り入れてください!

 <朝の1分マッサージ>
●肌全体…顔色が良くなり、ツヤ感アップ。
指先で顔全体をポンポンとタッピング。指先には力を入れずに心地良い強さで行いましょう。頭皮や首肩をほぐしてから行うとより効果的です。

●目元…むくみが解消され、パッチリ大きな目に。
目の周りに沿って押しやすい指で優しく指圧してから、目頭の奥の攅竹のツボを痛気持ち良いくらいの圧で刺激します。眉毛も挟むようにして筋肉をほぐすとよりすっきり。


◆3
分マッサージでよりスッキリ!
輪郭…二重顎やたるみが解消。
鎖骨を上下からさするようにしてリンパ節の流れを整えてから、あご先から耳下にかけて輪郭に沿い、骨を親指と人差し指で挟むようにして刺激します。ほぐした場所をあご先→耳下→首→鎖骨→脇までリンパ液を流していきましょう。(これらを3回繰り返す)

 日常生活で心がけること

①睡眠の質

むくみの原因となる体内に溜まった余分な水分や老廃物は、血液やリンパ液を循環して、体外に排出されます。日中は心臓が活発に動き、巡りもスムーズに行われますが、夜は身体もお休みモードになるため、代謝に時間がかかります。身体を横たえてリラックスした姿勢で十分な睡眠時間を確保できれば、夜間の老廃物の排出も滞りなく行われますが、睡眠不足の場合はそれが難しくなるため、朝、むくみが起きるのです。徹夜続きで、デスクに突っ伏して寝る、飲んで帰って締め付けのきついブラジャーやガードルを着けたままソファで寝てしまう、などの経験がある方は注意が必要。むくまないためには、リラックスできる服装で、身体はベッドなどでフラットな状態にし、しっかりと睡眠時間を確保することです。

②むくみ・くすみに効く食材

【カリウム】
むくみの原因のひとつ、塩分の摂り過ぎに効果的なのは、「カリウム」を含む食材を食べることです。カリウムには、塩分の排出を促す働きがあります。

カリウムが多く含まれる食材は、

・アボカド

・ほうれん草

・バナナ

・リンゴ

・海藻類(海苔、ひじき、わかめなど)

スムージーやサラダなどにすると、手軽に摂ることができます。

 

【ビタミンB1
「ビタミンB1」は、糖質の分解をサポートし代謝を上げてくれる成分。むくみやくすみの原因のひとつである糖質の摂り過ぎが気になる方は、ぜひ取り入れてみてください。

ビタミンB1は、

・玄米

・豚肉

・大豆

などに多く含まれます。糖質を多く含む毎日のご飯を白米から玄米に代えると、手軽にビタミンB1を摂ることができます。

 

【ビタミンE
血流が滞ることで起こるむくみやくすみには、血流を良くし老廃物の排出を促してくれる「ビタミンE」が効果的です。

ビタミンEは、

・煎茶

・アーモンド

・うなぎ

などに多く含まれます。煎茶は手軽にビタミンEが摂れますので、食事時や水分補給の際に、意識的に飲むようにしましょう。

 

朝の1分マッサージを取り入れ、食生活や毎日の生活習慣を見直すことで、朝のむくみ・くすみは改善することができます。健康的な身体と、イキイキとした肌を手に入れましょう!