毛穴の黒ずみを除去するには?お手入れ方法とスキンケア商品の選び方

毛穴の黒ずみを除去するには?お手入れ方法とスキンケア商品の選び方

2018年7月27日

この記事の監修者
ドクター小池クリニック 院長
小池佳嗣 先生

毎日きちんとケアしているつもりでも、なぜかポツポツと現れる毛穴の黒ずみ。洗顔や角質ケアなどあれこれ対策をしているのに黒ずみがなくならないという人は、お手入れの方法や使用しているスキンケア用品が間違っているのかもしれません。

では、毛穴の黒ずみのないツルツルの肌になるにはどうすれば良いのでしょうか。この記事では、毛穴の黒ずみができる原因や効果的な洗顔方法、適したスキンケア用品についてご紹介します。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみの原因として考えられるのが過剰な皮脂分泌です。大人になると皮脂量も減少するのに、なぜ毛穴は黒ずむのでしょうか。まず、その原因からお伝えします。

 

  • 肌の乾燥

肌の脂分や水分量が不足して乾燥すると、皮膚のハリや弾力がなくなり、毛穴が目立つようになります。肌は「ターンオーバー」と呼ばれる新陳代謝を繰り返して、一定の周期で生まれ変わっていますが、乾燥するとターンオーバーを早めて本来のハリや潤いを守ろうとします。その結果、毛穴表面の角質がボロボロとはがれ落ち、それが毛穴にたまって黒ずんでいるように見えてしまうのです。

また、乾燥した肌は潤いを補うために皮脂を過剰に分泌して、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。つまり、毛穴の黒ずみの原因は、肌の乾燥が大きく影響しているというわけです。

 

  • 皮脂の酸化

ポツポツと毛穴が黒ずんで見えるのは、毛穴に詰まった皮脂が酸化し、その周辺の肌内部でメラニン色素が生成されているからです。Tゾーンや小鼻のまわりは皮脂分泌が活発で、毛穴が詰まりやすく角栓ができやすくなっています。毛穴に詰まった皮脂や角栓を長く放っておくと、紫外線の影響や空気に触れることで皮脂の酸化が促され、色素沈着を起こします。皮脂の酸化を防ぐには、汚れを溜めないようにケアをすることが大切です。

 

  • メイクの落とし漏れ

毛穴の黒ずみは、ファンデーションなどのメイク汚れが肌に残っていることでも現れます。毛穴に残ったメイク汚れは、角質や皮脂と混ざって角栓となり、それが空気に触れて酸化した結果、黒ずみになってしまいます。毛穴の黒ずみを防ぐには、メイク汚れが残らないよう丁寧にクレンジングしましょう。メイクを落とさないで就寝するのはNGです。

 

毛穴の黒ずみを効果的に除去するには

すでに目立ち始めている毛穴の黒ずみをなくすにはどのようなケアが適切なのでしょうか。毛穴の黒ずみを効果的に除去する方法をお伝えします。

 

  • セルフケアで黒ずみを除去

毛穴の黒ずみはセルフケアで除去できます。毛穴ケアで大切なのは、正しいクレンジング方法や洗顔方法を身に付け、毛穴の汚れを洗い流すことです。クレンジングや洗顔を毎日行っているのに、毛穴の黒ずみがなかなか解消されないという人は、基本的なお手入れの仕方が正しいか見直してみましょう。

 

・クレンジング方法

クレンジングは、清潔な手で行うのが基本です。汚れた手でクレンジングをするのは、顔全体に雑菌を広げているようなものなので、手を洗ってから行うようにしましょう。まず、クレンジング剤を適量手に出し、皮脂量が多いTゾーンから洗い始めます。メイクを落とすときは、力を入れずに丸く円を描くように、やさしく指でなじませます。小鼻のまわりは特に毛穴の黒ずみが現れやすいところなので、メイクが残らないように丁寧なクレンジングを心がけましょう。メイク汚れが浮いてきたら、水かぬるま湯で乳化させ、きれいに洗い流します。クレンジング剤やメイク汚れが肌に残ると逆に黒ずみの発生を促進することになりかねないので、肌に残らないように十分すすぐことが大切です。

メイクと一緒に古い角質汚れを落とせるクレンジング剤を選ぶと、毛穴の黒ずみをすっきりと落とし、透明感のある素肌を取り戻しやすいでしょう。

 

・洗顔方法

洗顔前に蒸しタオルを使って、毛穴を開いておくと毛穴洗浄に効果的です。タオルの蒸気で温められた角栓は柔らかくなり、毛穴の汚れとともに浮き上がって落としやすくなります。

洗顔をするときはまず、肌に触れても熱すぎない程度の蒸しタオルを作り、顔全体に当てて毛穴を開かせます。3分ほど当てたら蒸しタオルを外し、洗顔料をしっかりと泡立ててから指先でやさしく洗い始めましょう。皮脂量の多いTゾーンから洗い始め、乾燥しやすい頬や目元、口元は最後にそっと洗います。洗い流すときは、すすぎ残しがないように水かぬるま湯で十分に流しましょう。

蒸しタオル洗顔は、スペシャルケアとして週2回程度を目安に定期的に行うのがおすすめです。毛穴の黒ずみを除去できるからといって頻繁に行うと、かえって毛穴が開いて目立つようになるおそれがあります。

 

  • エステで黒ずみを除去

なかなか消えない頑固な毛穴の黒ずみや角栓は、無理やりセルフケアで除去しようとせず、エステティックサロンや美容皮膚科で施術してもらうのも一つの方法です。専門知識を持ったスタッフが毛穴の症状に合わせてマッサージやクレンジング、保湿ケアなどを行い、毛穴が目立たなくなるようにケアしてくれます。セルフケアを行っても黒ずみが緩和されない場合は、エステや美容皮膚科を検討してみましょう。

 

毛穴の黒ずみ除去効果が期待できる商品の選び方

毛穴の黒ずみを解消するには、スキンケア商品を正しく選ぶことも必要です。毛穴の黒ずみを除去するためにどのような商品を選べばいいのか、ポイントをお伝えします。

 

  • クレンジング剤

クレンジングには、オイルやジェル、ミルクなどさまざまなタイプがありますが、毛穴の黒ずみにはクリームタイプが向いています。クリームタイプのクレンジングには、毛穴やメイクの汚れはしっかりと落とし、肌にはやさしいという特徴があるからです。また、油分を含んでいるので、肌に潤いを与え、しっとりと洗い上げます。

オイルタイプやジェルタイプのクレンジングは、洗浄力が高い分、刺激も強めのため、肌の乾燥を悪化させてしまう場合があります。一方、ミルクタイプやバームタイプは、肌にやさしく低刺激ですが、クレンジング力が弱めです。そのため、しっかりとしたメイクを落としきれない可能性があります。

クレンジング剤を使う場合は、クリームタイプやミルクタイプ、バームタイプを使い、ポイントメイクを落とす場合は、専用リムーバーを活用するなどして使い分けると良いでしょう。

 

  • 洗顔料

洗顔料は、肌への刺激が少ないものを選ぶことがポイントです。防腐剤や石油系合成界面活性剤が入っておらず、植物由来の洗顔料を使うのが良いでしょう。毛穴の黒ずみ除去を目的とする場合は、洗浄成分のほかに、過剰な皮脂分泌を抑えるビタミンC誘導体やたんぱく質を分解する酵素成分が含まれている洗顔料がおすすめです。

また、自分の肌質に合ったものを選ぶことも大切です。乾燥肌や敏感肌の人は、肌への負担が少ないマイルドなものを選びましょう。ミルクタイプの洗顔料は、刺激が少なく肌を保護しながら洗い上げるので、肌の弱い人やカサつきが気になる人に向いています。脂性肌や混合肌の人は、肌を清潔に保つためにも、洗浄力が強い固形石鹸がおすすめです。

 

  • シートマスク

シートマスクは肌に密着させて使うため、有効成分がしっかり浸透して乾燥から肌を守ります。たっぷりの美容成分が肌の奥まで届き、毛穴の引き締め効果も期待できます。

毛穴の詰まりが気になる人には、ビタミンC誘導体の配合されたタイプがおすすめです。ビタミンC誘導体といえば美白のイメージがありますが、過剰な皮脂の分泌を抑える働きもあるため、毛穴の詰まりと黒ずみの両方の改善が見込めます。毛穴が気になる人は、肌に潤いとハリを与えるアミノ酸やミネラルが入ったシートマスクを使うと、毛穴が目立たなくなるでしょう。炭成分入りのものにも、毛穴を引き締める効果が期待できます。

クレンジングや洗顔後の肌は、水分や皮脂が失われた無防備な状態なので、シートマスクなどを使って潤いを補給しておくことが大切です。

 

毛穴の黒ずみケアの注意点

毎日行う毛穴のケアが逆に黒ずみを悪化させている可能性があります。ここでは、黒ずみケアを行う際の注意点をお伝えします。

 

  • 保湿する

毛穴の黒ずみを改善するには、十分な保湿が必要です。日ごろから乳液やクリームを使ってしっかりと保湿しておけば、乾燥してはがれ落ちた角質が毛穴を詰まらせることもありません。

しっとりとした肌状態を保つのに欠かせないのが、「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」の三大保湿成分です。これらは肌が本来持っている成分ですが、加齢や外的刺激により不足しがちなので、乳液やクリームなどから補うと効果的です。

 

  • 無理やり角栓を除去しない

毛穴に詰まった角栓をピンセットで引き抜いたり、指で押し出したりして無理やり除去しようとすると角質層に傷が付くことがあります。傷口から雑菌が入ると、炎症やニキビなど肌トラブルの原因になりますので注意しましょう。

また、毛穴パックは角栓が一気に取れて爽快ですが、吸着力が強いため、肌に必要な皮脂や角質まではがしてしまいがちです。さらに、角栓が取れたあとの毛穴を開いたまま放置すると、毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、角栓ができやすい状態を招いてしまいます。つまり、毛穴パックを必要以上に繰り返すことは、毛穴を広げて、角栓を詰まらせる可能性があるということです。無理やり角栓を除去すると黒ずみは一時的には消えますが、肌を傷つけたり毛穴が引き締まらなくなったりしますので、避けたほうが良いでしょう。

 

  • メイク落としシートは使わない

メイク落としシートは使い方も簡単で便利なアイテムですが、メイクがきれいに落ちているように見えても、毛穴に汚れが残ることがあります。たまに使用する程度なら問題ありませんが、毎日使い続けるといつの間にか汚れが溜まり、黒ずみにつながります。また、メイク落としシートに使われている界面活性剤が肌への刺激となり、色素沈着や肌トラブルを起こすこともあります。旅先や時間がないときに使うのは便利ですが、継続して使用すると肌へのダメージが蓄積される可能性があることも頭に入れておきましょう。毎日使用するクレンジングとしては避けたほうが良いでしょう。

 

  • 高温で洗顔しない

毛穴の黒ずみを除去するには、洗顔時のお湯の温度にも注意しましょう。入浴時などに40度以上の高温で洗顔すると、肌に必要な皮脂まで一緒に洗い流してしまいます。高温での洗顔は肌の乾燥を招き、毛穴の黒ずみの原因になる可能性がありますので、必ずぬるま湯で洗うようにしましょう。洗顔時のお湯の温度は、熱すぎず冷たすぎない32度前後が適温とされています。

 

メイクで毛穴の黒ずみを自然に見せる方法

毛穴の黒ずみが目立ってしまうときは、メイクで目立たなくしてしまうこともできます。根本的な解決方法ではありませんが、いざというときのために覚えておきましょう。

  • 毛穴の黒ずみを隠すメイクの方法

メイクで毛穴の黒ずみを隠すには、洗顔後、化粧水や乳液でしっかりと保湿をし、肌を整えておくことがポイントです。そうすることで日中でも肌が乾燥するのを防げるため、小鼻のまわりやTゾーンなどの過剰な皮脂分泌を抑えられ、メイクの持ちがアップします。

 

肌のコンディションを整えたら、化粧下地を塗って肌の表面をなめらかにしましょう。化粧下地には肌表面の凹凸を隠し、リキッドファンデーションを密着させる役割がありますので、毛穴の凹凸や黒ずみも目立ちにくくなります。黒ずみができやすい小鼻専用の部分下地も市販されていますので、通常のメイク下地では毛穴の黒ずみをうまく隠せないという人は試してみると良いでしょう。

 

また、ファンデーションはリキッドタイプがおすすめです。リキッドファンデーションは、肌とよくなじみフィット感もあるため、毛穴などの凹凸を隠すのに向いています。肌にリキッドファンデーションをのせたら、スポンジやブラシを使ってすくになじませましょう。顔の中央から外側に向かって、素早く伸ばすことがムラなく仕上げるコツです。

 

ベースメイクの最後にフェイスパウダーを使うと、毛穴の凹凸によってできる陰影をカバーし、透明感のある肌に仕上げます。また、パウダーが余分な皮脂を吸着してくれますので、メイクの持ちも良くなります。

フェイスパウダーは、パフを使って下から上へ押し上げるようにつけることがポイントです。小鼻のまわりや目元、口元などの細かい部分はパフを二つに折ってなじませます。皮脂の多い部分はたっぷりと、乾燥しやすい部分はつけすぎに注意し、顔全体にフェイスパウダーをのせます。仕上げにフェイスブラシを使って、肌に残った余分なパウダーを落とします。円を描くようにブラシを動かすと、パウダーが肌によくなじみツヤ感がアップします。毛穴を隠すには、細かいパール入りのフェイスパウダーを選ぶと、光の拡散効果でさらに目立ちにくくなります。

 

  • メイク直しには乳液やミスト化粧水を使う

メイク直しは、乳液やミストを使ってやさしくリセットすることがポイントです。

メイクが崩れた部分にメイク落としシートを使って、ファンデーションを完全にオフする人もいますが、界面活性剤が肌への刺激になる可能性があるため、おすすめはできません。崩れたメイクは、乳液や化粧ミストで潤いを補給しながら、直していくようにしましょう。

 

まず、あぶらとり紙やティッシュで余分な皮脂を取ります。次に、未使用のきれいなスポンジで、毛穴に落ちたファンデーションをオフしていきます。スポンジで強く拭き取ると、ファンデーションがムラになったり皮膚が赤くなったりするため、そっと拭き取るイメージでオフすることがポイントです。

ファンデーションが毛穴の中に詰まってしまった場合は、少量の乳液をコットンに取り、毛穴部分になじませます。乳液がなじんだら、きれいなコットンでやさしく拭き取り、乳液の余った油分をティッシュで押さえて取りましょう。

ファンデーションが白浮きしている場合は、ミストタイプの化粧水を使って化粧直しをします。ミスト化粧水を顔から20~30センチ離して吹きかけ、手のひらで押さえてなじませます。

ファンデーションをオフした部分に、化粧下地をのせ、リキッドファンデーションやパウダーファンデーションをつけます。仕上げに、フェイスパウダーをなじませて化粧直し完了です。

 

年齢に合った肌のお手入れが毛穴の黒ずみ解消のコツ

毛穴の黒ずみは、小鼻のまわりやTゾーンなど皮脂腺の多い部分で現れやすいため、皮脂分泌を抑えるお手入れをしがちです。しかし、大人の肌に起こる毛穴の黒ずみは、皮脂量の低下が原因となっていることも多く、乾燥対策や汚れを溜めないケアが求められます。肌が脂っぽいからといって、必要以上に皮脂を抑制したり、洗浄効果の強い洗顔料やクレンジングを使ったりすると、乾燥が悪化して、逆に黒ずみを生じさせるおそれがあるので注意しましょう。

年齢や肌状態に合ったスキンケア用品を取り入れ、肌の潤いを保つ適切なケアを行うことが、毛穴の黒ずみを解消するコツです。


この記事の監修者
ドクター小池クリニック 院長
小池佳嗣 先生