重曹洗顔で美肌を実現!期待できる効果と注意点、重曹パックの方法

重曹洗顔で美肌を実現!期待できる効果と注意点、重曹パックの方法

2018年7月27日

この記事の監修者
形成外科医
後藤真理 先生

掃除や洗濯、料理など、生活のさまざまなシーンで活躍する重曹。実は、洗顔やパックなどのスキンケアにも使えることをご存じでしょうか。重曹を使ったスキンケアはとても簡単で、洗顔料に重曹を少しプラスするだけで、手軽に美肌を目指すことができます。とはいえ、重曹を肌に使って本当に問題ないのか、どのような効果が期待できるのかと疑問を持つ人もいるかもしれません。

この記事では、重曹の特徴や肌への効果、正しいケアのやり方、重曹使用時の注意点についてお伝えします。

重曹の基礎知識と肌の健康に期待できる効果

掃除用や食用など、重曹は目的別にさまざまな種類があります。重曹がそもそもどのような物質で、何に使われているのかを確認しておきましょう。

 

  • 重曹とは

重曹は、科学的には「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ソーダ」と呼ばれています。ふくらし粉(ベーキングパウダー)の主成分であり、過剰に摂取しなければ人体に害のない弱アルカリ性の物質です。主に油脂を乳化させたり、タンパク質を分解させたりする働きがあります。昔から汚れを落とすための洗浄剤や、消化を助ける胃薬として使われてきました。

水に溶けにくく、重曹に少量の水を入れると研磨剤としても使うことができます。また、重曹をクエン酸と混ぜたときに発生した泡は、排水溝などのしつこい汚れやぬめりを落とすのに効果的です。

ほかにも、天然鉱石を成分とする重曹を洗剤に使うと、自然環境への影響が比較的少なく済むという点も、重曹が広く選ばれている理由の一つです。

 

  • 重曹に期待できる効果

重曹を使ったスキンケアに期待できるのは、主にピーリング効果です。重曹により皮脂が乳化されることで毛穴の角栓が浮き上がり、古い角質を洗い流すことができます。鼻まわりに使うと、イチゴ鼻の解消にも効果的です。ピーリング効果により肌のターンオーバーが促されるので、くすみやシミ、そばかすの改善にもつながります。

また、重曹の粒子は水に溶けにくいので、スクラブのように使って皮脂汚れを落とすことも可能です。ただし、スクラブをするときは粒子が肌の刺激になるおそれがあるので、腫れや炎症が出ているときなど、肌が敏感になっているときは控えたほうが良いでしょう。

 

重曹洗顔と重曹パックの方法

重曹を洗顔に使うことで、クリアな素肌を目指すことができます。とはいえ、ゴシゴシ洗うのはNGです。正しい洗顔とパックの手順をマスターしましょう。

 

  • 重曹洗顔

重曹洗顔のやり方はとても簡単です。まず手を洗い、いつも使用している洗顔料を泡立てます。そこに、ひとつまみ分の重曹を加えます。後は泡立てた洗顔料で顔を優しく洗い、すすぎ流すだけです。

洗い終わったら、いつもどおり化粧水や乳液などで肌のお手入れをしましょう。

重曹で洗う際は刺激を与えすぎると、肌トラブルの原因になります。こすらないように注意して洗顔しましょう。

 

洗顔料の刺激を抑えたいときは、水と溶け合わせた重曹水を使うと、刺激を抑えつつ重曹の洗浄効果で皮脂を洗い流すことができます。

 

  • 重曹パック

小さじ1~2杯程度の重曹と、少量の水を混ぜてペースト状にします。液体が垂れてこない程度に混ぜ合わせたら、毛穴汚れが気になる箇所に塗ります。こすらず、優しく肌に乗せるように塗っていくことがポイントです。約10分間そのまま放置した後、洗い流してパックを落とすようにします。洗い流すときは、パックを浮かせるように水をなじませ、こすらないように気をつけながら丁寧に落としましょう。

パック後は、通常どおりのスキンケアを行い、保湿します。

重曹パックは、黒ずみやくすみの改善にも効果的です。顔だけでなく、ひじやひざなど、黒ずみが気になる部位にもパックしてみると、効果が実感できるでしょう。

 

余った重曹水やペースト状の重曹は、直射日光が当たらず、湿度が低いところに保存しましょう。密閉できるフタ付きの容器に入れておくと、常温でストックしておくことが可能です。

 

重曹を使ったスキンケアの注意点

安全性の高い重曹ですが、肌トラブルには注意が必要です。安全なスキンケアを行うために気をつけたいことについてお伝えします。

 

  • パッチテストを行う

初めてスキンケアに重曹を使うときは、パッチテストを行うことが大切です。重曹を水で溶いたものを腕の内側に少し塗り、翌日の肌の状態を確認してみましょう。赤みが出たり、かゆみを感じたりなどの異常がなければ、重曹により肌トラブルが起きる可能性は低いといえます。

ただし、パッチテストで問題がなかったとしても、重曹洗顔をした際に肌に異常を感じたときは、すぐに使用をストップしましょう。

 

  • 肌の状態に合わせて使う

乾燥が強かったり、赤みが出ていたりなど、肌が敏感になっているときに重曹洗顔をするのは控えましょう。状態が悪化し、肌トラブルの原因になるおそれがあります。また、生理中や前後など、肌のコンディションが良くないときも控えることをおすすめします。

 

  • 週1回を目安に行う

重曹の使用の有無にかかわらず、ピーリングは毎日行うケアではありません。やりすぎると肌の角質を過度にはがし、乾燥やバリア機能の低下を招く危険性があります。肌がツルツルになるなど、重曹洗顔の効果を感じられると、毎日続けたくなるかもしれませんが、週1回を目安に肌の調子を確認しながら行いましょう。

 

  • 食用・薬用の重曹を使う

重曹は用途ごとに、主に工業用、掃除用、食用、薬用などの種類に分かれて販売されています。洗顔やパックには、食用や薬用の重曹を使いましょう。食用の重曹は、ペースト状にして歯みがき剤として使われることもあり、万が一、口に入ったときでも安心です。

中にはスキンケア用に「美容用」として販売されている商品もあります。薬用・食用でも問題はありませんが、「美容用」はスキンケア用に作られているので、より安心して洗顔に使えるでしょう。

 

掃除用と食用の重曹の大きな違いは、純度や粒子の大きさです。工業用や掃除用は粒子が粗いうえに不純物が多く、スキンケアに使うと肌を傷つけてしまうおそれがあります。同じ重曹でも、種類は豊富にあり効果もさまざまなので、商品を選ぶ際は注意しましょう。

 

  • 肌に異変が生じたらすぐに中止する

重曹は安全性が高いとはいえ、肌の相性が合わない人もいます。また、重曹を用いたスキンケアを継続し続けることで、肌荒れを引き起こすおそれがあります。肌に異変が生じたら、すぐに使用をストップしましょう。症状が悪化したときは、皮膚科を受診するなど、早めの対処が大切です。特に、食用・薬用の重曹を使うときはピーリング用に作られたものではないということを忘れずに、慎重に扱いましょう。

 

手軽にできる重曹洗顔で、ツルツルの美肌へ

重曹は比較的低価格で販売されており、お店で手に入れやすいアイテムです。また、重曹洗顔や重曹パックの方法も簡単なので、思い立った日に気軽に行えるのも魅力です。興味のある方は、まずパッチテストを行ったうえで、肌に異常がなければ一度試してみてはいかがでしょうか。重曹を使って週に一度のスキンケアを続けていくと、毛穴汚れが改善されていくことを実感できるでしょう。手軽に行えて、効果の高い重曹洗顔で、ツルツルでくすみのない素肌を目指しましょう。


この記事の監修者
形成外科医
後藤真理 先生