風邪・インフルエンザ対策、していますか?

風邪・インフルエンザ対策、していますか?

2018年1月24日

この記事の監修者
薬剤師・アロマセラピスト
三矢朝美 先生

寒さもいよいよ本格的になり、風邪やインフルエンザが流行しやすい季節です。
電車のなかでも、咳をされる方、マスクをしている方が増えてきましたね。
今回は、そんな風邪やインフルエンザから身体を守る基本的な対策をご紹介します。
こちらを読んで、健康な冬を過ごしましょう!

風邪とインフルエンザの違いは?

風邪の原因は、ほぼウイルスによるもの。
鼻や喉からウイルスが体内に入りこむのですが、睡眠不足や疲労、
暴飲暴食やストレスなどで免疫力が低下していると、
体外にウイルスを追い出すことができず、「風邪」の症状が起こりやすくなります。
また、インフルエンザにかかると、40度近い高熱や関節の痛みなどを伴い、
人によっては肺炎や脳症を併発して、重症化してしまうことも。
つらい風邪やインフルエンザにかからず冬を乗り越えるためには、
免疫力を高めて、原因となるウイルスを侵入させない身体づくりが不可欠です!

またインフルエンザは、風邪が重篤化したもの、というイメージを抱かれている方も
多いと思いますが、風邪とインフルエンザでは原因となるウイルスが異なり、
ひき始めの症状や進行度も違います。

 

【風邪】
空気中に浮遊しているウイルスが呼吸によって鼻や喉に入り、
粘膜で増殖して炎症を起こすのが、風邪です。
風邪は、1年を通じて発症し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、
37~38度程度の発熱、咳、喉の痛みなどの症状が現れます。
風邪は発症後の経過が緩やかで、3日~1週間程度で治まります。

 

【インフルエンザ】
インフルエンザウイルスに感染した場合は、突然、38度以上の高熱、
頭痛、関節痛、倦怠感、食欲不振などの全身症状が現れるのが特徴です。
遅れて、咳や喉の痛み、鼻水などの症状が続きます。
症状は重く、感染から1~2日の潜伏期間を経て、3日目頃から急激に悪化し、
熱は40℃前後に及ぶこともまれではありません。
流行中に40℃近い高熱が出たら、まずインフルエンザとみて間違いないでしょう。
インフルエンザにかかってしまった場合は、病院で処方される抗インフルエンザ薬を
発症後48時間以内に服薬することが効果的ですので、早めの受診を心がけて。

 

 

日常生活で気を付けること

風邪予防のポイントの一つは、免疫力を下げないこと!
免疫力とは、人間の身体にとって有害なものや外敵を見分け、
攻撃して排除する生体防御力のことです。免疫力は赤ちゃんの時は低いのですが、
成長とともに高まります。その後、加齢とともに低下していきますが、
睡眠不足が続く等の不規則な生活、運動不足、喫煙・飲酒、ストレス、
偏った食生活などでも低下すると言われています。冬を元気に乗り切るために、
生活習慣や食事を見直し、免疫力を高めていきましょう!


<免疫力低下のサインをチェック!>

□生活のリズムが乱れがち

□しっかり寝ても、疲れが取れない

□野菜をあまり食べない

□イライラすることが多く、ストレスを感じる

□傷が治りにくい

□口内炎がよくできる

□目やにが多い

□体温が低い

□お酒をよく飲む

当てはまる項目が多い人ほど、免疫力が低下しています!


①基本中の基本!「手洗い・うがい」を徹底
この時季は、あちこちでくしゃみや咳が起こっていますが、
ウイルスを持っている人の咳やくしゃみの飛沫を浴びたり、
かかっている人の鼻水や唾液がついた手で自分の鼻や、
口の粘膜に触れるとうつるため、こまめな手洗いやうがいで対応するのが基本。
外出から帰ったときは、手洗いとうがいをすることも基本です。
手洗いは、手のひらのくぼみ、指と指の間、指先、爪、手の甲、手首など、
丁寧にしっかり洗いましょう。うがいには、のどの炎症を抑え、
粘膜を潤してくれる効果があります。うがいは緑茶でするのがおすすめ。
緑茶に含まれるカテキンは殺菌効果が高いので、炎症した喉を消毒して、
新たなウイルスの侵入を防いでくれます。
人混みをなるべく避け、風邪を引いている人に近づかないようにすることも、
大切な予防策です。


②ゆっくり身体を休める「質の良い十分な睡眠」
睡眠時間が不足し、質の良い睡眠がとれていないと、
身体に不調が起こりやすくなります。米カリフォルニア大学の研究によると、
睡眠時間が7時間以上だった人に比べ、6時間未満だった人は、
風邪にかかる確率が4.2倍高かったそうです。

 

③免疫力を高める「適度な運動」
ストレッチやウォーキングなどの適度な運動は体の調子を整え、
寒さの刺激に強くなります。日常生活でできる範囲で取り入れて、
風邪に負けない体力をつけて免疫力を高めましょう。


④甘やかさない!「極端な厚着、薄着をしない」
厚着の習慣は体温調節の能力を低下させて、抵抗力を弱める原因に。
温度差の大きい屋外と室内ではこまめに衣服を着脱したり、
無理のない程度に薄着にしたりし、気温の変化に皮膚や粘膜が
順応できるよう鍛えましょう。

 

⑤リラックス効果も期待できるアロマでも予防!
風邪予防には抗菌、殺菌作用に優れたティートリーやユーカリ精油を
リビングや寝室でディフューザーやルームスプレーで香らせると良いです。
風邪の引き始めにはティートリーやペパーミント精油入りの水で
うがいをすると酷くなりにくいようです。
のどの乾燥や痰が気になるときにはフランキンセンス精油を焚いたり、
植物油に混ぜてのどからデコルテにかけて
優しくマッサージしながら塗るのも良いです。

 

予防するなら“ビタミンC!“摂取を習慣に!

ビタミンCには、鼻や喉の粘膜を強化しウィルスの侵入を防いだり、
身体の免疫力を高める働きがあり、風邪やインフルエンザの予防にはうってつけです。
なかでもみかんはビタミンCを豊富に含んでおり、1日2~3個食べるだけで、
1日に必要な摂取量を摂ることができます。
野菜では、赤や黄色のピーマンやブロッコリーが、ビタミンC含有量が高いです。
果物では、キウイフルーツや柿も豊富なビタミンCを含んでいます。


【ビタミンCを多く含む食材】

●野菜⇒黄、赤ピーマン、ブロッコリー

●果物⇒キウイフルーツ、柿、みかん、いちご

 

風邪には特効薬がありません。栄養の偏りや食べすぎ、お酒の飲み過ぎは、
身体の調子を崩します。偏食・暴飲・暴食は控えるようにしてください。
そして、予防に気を配っていても風邪を引いてしまった時は、
無理をせずに、身体を温かくして、こまめな水分補給と消化の良い食事を取り、
回復を待ちましょう。